旅行業法の目的 [理解]

出題率(最近5ヵ年)

国内 100% 総合  60%

国内では毎年出題される。総合では隔年出題。

STUDY

旅行業法は、旅行業者と契約する旅行者を保護する法律です。

以下のPOINTは必ずすべて覚えましょう。

●旅行業法の目的
1. 旅行業等を営む者について登録制度の実施
2. 旅行業等を営む者の業務の適正な運営の確保
3. 旅行業等を営む者の組織する団体(旅行業協会)の適正な活動の促進
4. 旅行業務に関する取引の公正の維持
5. 旅行の安全の確保
6. 旅行者の利便の増進
この法律は旅行の安全および旅行者の利便の増進をはかった法律ですので、旅行業の発展は目的に含まれません

PRACTICE(演習)

(1) 次の記述のうち、法第1条「目的」に定められていないものはどれか。(国内H30-1)

ア.旅行業務に関する取引の公正の維持
イ.旅行業等を営む者の健全な発展
ウ.旅行業等を営む者の業務の適正な運営の確保
エ.旅行業等を営む者の組織する団体の適正な活動の促進

解答
解答:イ
この法律は旅行業者と契約する旅行者の保護を目的としており、旅行業の発展は目的に含まれません。
タイトルとURLをコピーしました